ルネサンス バロック グレゴリオ聖歌 バッハ ベートーベン モーツァルト ワーグナー バルトーク ジョン・ケージ 現代音楽

【5回でわかるシリーズ】のご紹介

>

【5回でわかるシリーズ】とは・・

音楽をもっと学びたい方の為に講師独自教材による講座。入会金無しで始められます。全5回セットのチケット制となり一人から少人数で受講可。専科の音楽演奏のレッスンとは事なる、専門的,学問的要素あり。高度な音楽講座を受講頂けます。

5回でわかる音楽史【詳細】

1.古代ギリシア、中世、ルネサンスからバロック
●古代ギリシアの音楽について ●グレゴリオ聖歌、ノートルダム学派、フランドル学派、パレストリーナ、ジョバンニ・ガブリエーリ、モンテヴェルディ ●声主体の音楽からから器楽曲発達への変遷 ●バッハという作曲家が、西洋音楽に与えた影響とは、バッハの残した音楽語法とは
2.古典派
●古典派時代にうまれた様式 (ジングシュピール、ソナタ形式、交響曲 等) ●マンハイム楽派、ウィーン古典派 ●ハイドン、モーツァルト、ベートーベンという作曲家たちについて ●古典派からロマン派への変容の道筋を、ベートーベン初期、中期、後期の作品の探りながら辿る
3.ロマン派(ベートーベン後期からワーグナーまで)
●前期ロマン主義 ●後期ロマン主義 ●新古典主義 ●国民主義 ●ロマン派時代の多様な音楽様式 ●ヴァーグナーが導いた調性崩壊とは?「トリスタンとイゾルデ」に迫る
4.印象派、近代(フランス印象派、近代を中心的に)
●ドビュッシー、ラヴェルの楽曲を通し、印象主義音楽の和声を追求 ●同時代の印象主義芸術について ●サティ、フランス6人組、フォーレなど 近代フランス作曲家について
5.近現代(バルトークから、ジョン・ケージそして様々な現代音楽)
●ストラヴィンスキー、ショスタコーヴィチ、バルトーク...調性から無調性へ ●シェーンベルクが発明した12音技法、そしてトータル・セリー音楽の時代の繁栄と衰退 ●ジョン・ケージという先駆者...アメリカ実験音楽 ●ミニマル・ミュージック ●現在までの「現代音楽」の総括
Support
入学金:無料 ※補足:【5回でわかるシリーズ】には、いずれも入会金はありません。 受講料:35,714円 (税別) 全5回レッスン/現金チケット制 60分/1回

By

サービストップ 課題一覧 **** その他

本サイトはザーラ・カンパニー・グループ提供の聴音課題サイトです。
受験、作曲、楽典・ソルフェージュ専攻の生徒様含むグループの生徒様はアカウント作成をしてからご利用ください。
※ 一般の方のご利用も可能です。アカウント無しで閲覧利用できる聴音課題のみご利用可能です。

※ 本サイトに掲載されている会社名、サービス名、データ等はそれぞれの商標または登録商標です。

※ 本サイトに掲載されている画像、音楽、動画、資料、等の無断転載はご遠慮下さい。

※ ご利用はこちらの著作権の確認をしてからご利用ください。